【指先のしびれの原因と症状】>肘部管症候群

動脈硬化症

肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)は、
肘にある尺骨神経が締めつけられて起こる症状です。
sponsored link

肘部管症候群の原因

肘の内側にある「肘部管」は靱帯と骨からできているトンネルです。
このトンネルの中にある尺骨神経が索引や圧迫され続けることで発症する疾患が
肘部管症候群です。

原因は明確ではありませんが、
・ガングリオン
・肘関節が変形または老化することによる傷害
・小児期の肘骨折による神経圧迫

これらが挙げられるようです。

肘部管症候群の症状

・手の小指・薬指がしびれる(初期症状)
・小指と薬指が変形してかぎ爪変形が生じる(小指と薬指が真っ直ぐに伸びない)
・小指のつけ根の筋肉が痩せる
・握力の低下
・指を開く、閉じるの運動ができなくなる

治療法

安静、飲み薬、注射が行われます。
これらで改善されない場合には、ガングリオン切除などの手術を行います。
また、「骨を削る」「前方に神経を動かす」などの手術を行うケースもあります。

肘部管の筋肉が痩せてしまうまでに手術を行った方が予後がいいとされています。

※手術をする場合、入院の必要はありません。

手の指先にしびれが出る症状は肘部管症候群の他に手根管症候群があります。
指先のしびれは多くの方を悩ませています。
そのしびれは治る可能性があります。

まずは検査から始めましょう。
sponsored link

Copyright(C) 2011 【指先のしびれの原因と症状】 Allrights reserved.